初めて竹内涼真さんを知ったドラマ

初めて竹内涼真さんを知ったドラマ

竹内涼真さんの演技を初めてきちんと見たドラマが『過保護のカホコ』でした。高畑充希さんが好きで見始めたドラマでしたが、相手役だったので登場シーンも多く自然と目がいきました。

 

物語は高畑充希さん演じるヒロイン根本加穂子が家族の愛情をたくさん受けながら少しずつ成長していくストーリーでした。竹内涼真さんは加穂子と同じ大学に通う美大生・麦野初を演じていました。

 

加穂子の父・正高を時任三郎さんが、母・泉を黒木瞳さんが演じられていて、加穂子に注ぐ愛情が本当によく伝わってくる演技で本物の家族のようでした。

 

加穂子は父方の祖父母、母方の祖父母、それぞれの親戚皆のことを大切にしていて愛情をたくさん受けたことでこんなにも優しくなるのかなと思いながら見ていました。

 

大切にされすぎて家族の中でしか生きていなかった加穂子が初と出会って成長していく上では、両親と同様、このドラマでは物語を大きく変えていくキャラクターだったと思います。

 

見ていてハラハラする加穂子に適切なツッコミをして楽しませてもらったり、ピンチの時には加穂子を助けたり初は加穂子にとってヒーローのようでした。

 

加穂子が初めて恋をして、最初は受け入れてもらえませんでしたが、初は加穂子の家族と接しながら加穂子のことを知っていきお互いが必要な存在になった時には“加穂子よかったね!”と思いました。

 

なかなか好きだと言ってもらえなかった時にサラッと「加穂子、大好きだよ」と言ったシーンはこっちまで嬉しくなるような幸せなシーンでとても印象に残っています。

 

ドラマのタイトルにもあるように加穂子の両親はかなりの過保護でしたが、同じ親として全然共感できないわけでもなかったので親目線で楽しむことができました。

 

時任さんのちょっと頼りない感じのパパ、黒木さんのしっかり者で何でもできるママのバランスがピッタリでした。時任さんの優しい声はナレーションにもピッタリだったと思います。

 

初にとって、加穂子には両親という大きな壁がありながらもきちんと向き合い、加穂子だけではなく家族も大切に思っていたので、加穂子は本当に素敵な人を選んだんだなと思いました。

 

世間のことを何も知らない加穂子に、家族の中だけでは知ることができない色んな世界を見せたのは初だと思います。

 

加穂子に対してストレートに物事を言う初は一見冷たいのかなと思いましたが、間違ったことは言っていないし加穂子にとっては何もかもが新鮮だったのだろうなと思いました。少し違う雰囲気が出ると嫌味なキャラクターになってしまいそうですが、ふとした時に見せる優しさや頼もしさが見えると“加穂子もこんなところに惹かれたのかなぁ”と感じながら見ていました。

 

初は養護施設で育ち苦労をしてきたので、加穂子とは正反対の環境で生きてきました。しかし、画家になる夢を叶えるために一生懸命に生きてきたんだろうなと思うと、加穂子とは違う意味で見守って応援したくなるキャラクターでした。

 

このドラマは個性の強いキャラクターばかりでしたが、どの役者さんも合っていたと思います。今の時代、なかなか親戚が集まる機会はありませんが、改めて祖父母やいとこたちなどに会いたくなるドラマでした。

 

小さな出来事がきっかけでケンカをしても仲直りできるのが家族、どんなことがあっても嫌いになれないのが家族、家族のことをもっともっと大切にしようと思いました。

 

高畑充希さんをきっかけで見始めたわけですが、改めて彼女の演技力の幅に驚きました。朝ドラではしっかり者だったのに、同じ人とは思えないキャラクターになりきり、でも違和感があるわけでもなく、更に大好きになりました。

 

連続ドラマ終了から先日のスペシャルまでの間に竹内涼真さんは何本ものドラマに出演されていましたが、久しぶりに見ても“ちゃんと麦野初だ”と思いました。髪型や雰囲気で見た目からの役作りもあるからか変わらないキャラクターに安心でした。

 

 

竹内涼真さん出演の過保護のカホコやドラマを見たい方はこちらでご紹介しています。

 

竹内涼真さんのドラマはこちら

トップへ戻る